読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虹色橋を掛けるから

ただの学生がV6と神谷浩史さんを追い続けるだけの日々

2017.01.28



 まずはおめでとうございます!!!神谷さん42歳!!!!


 演技や声は勿論、ツンデレなところも、でも凄く優しいところも、ラジオで馬鹿やってゲラゲラワッハッハする姿も、真面目に作品やキャラクターについて語る姿も、笑顔でちょっとした毒を吐くところも、博識なところも、笑うとクシャってなるところも、笑いのツボが浅いところも、指差しウインク投げキスのファンサおじさんなところも、お酒を飲むとすぐ呑まれちゃうところも、でも最近「ビールが美味しく感じられるようになったんだよね」って言うところも、好きな食べ物が牛タンやハンバーグなところも、得意料理が1人立ちしゃぶしゃぶなところも、ドリアンに対して「おしひくない〜〜!!」って言うところも、可愛い下半身のラインも、時折ポンコツになるところも、ふとした時の相槌が抜けてるところも、深々とお辞儀をする姿も、自然と出来るアヒル口も、髪の毛のキューティクルで出来る天使の輪っかも、冬生まれなのに寒さが苦手なところも、夏になると可愛い膝小僧が見える短パンを履く元気なところも、晴れ男なところも、動物にすごく甘いところも、女の子が大好きなのにいざ目の前にすると少し萎縮しちゃうところも、神谷浩史っていう文字も、響きも、全部大好きです。最近のおしゃれおじさんの服装はお尻が隠れるところも多いですよね、そんなところも好きです。とにかく神谷さん、大好きです。



 去年はキラフェス2016*1DGS EXPO*2→ソロライブと、怒涛の鬼スケジュールでヘルペスが出来たり(鼻周りが血だらけになるってどんだけだ)体調不良でリリイベが延期されたりしたけれど、概ね元気な姿を見せて頂きまして…今年も健康第一にお仕事されて下さい。健康大事。神谷さん割と体調崩しているし。病気になるなどは言えないけど無理はあまりしないで下さい。



 ここからは神谷さんお誕生日記念と銘打って好き勝手に神谷さんへの想いを書いていきます。


 私が神谷さんを好きになってかれこれ7、8年になります。2016年は神谷さんについて色々思ったり、考えたりした年でした。夏のあの一件*3があったっていうこともそうだけど、一番は高校に入ってバイトを始めて、自分で稼いだお金で神谷さんに関係するDVDやCDを買ったり、イベントに行ったりし始めたからです。


 それまでは一方的に受け取るしかなかった"神谷浩史"という人を実際に見て、聴いて、ライブ中の歓声とかペンライトとかに混ざって自分から何らかの形で神谷さんに届けるという行為をしました。神谷さんの言葉を借りるなら、"神谷浩史を甘やかすホーム""声優の神谷浩史"を形成する僅かなピースの一部になりました。


 去年のシアライ*4は私の中では珍しく記憶の中に残っていて(イベントやライブは夢見心地感覚でフワフワ忘れてしまう残念な脳)、特に2日目のダブルアンコールの流れは今でも鮮明に思い出せます。アンコール曲の『GLORIOUS TIME』*5が終わって、神谷さんが捌けて、すぐに始まったアンコールの大合唱。座らずに立ったまま叫んでいました。一昨年のハレライ*6の時の神谷さん自ら「捌けるの忘れちゃった!!!」(すっとぼけた顔で言ってたのドチャクソ可愛い)とダブルアンコールをしてくれたのですが、なんていうのかなぁ。『シアター』にもあるように神谷さんが精一杯の力で届けてくれたものをファンが精一杯の力で受け止めた結果なのかなぁと。


精一杯の力で届けたら 精一杯の力で受け止めて

シアター/神谷浩史『Theater』

 1回目のアンコールの時は結構バラバラで、私の座席付近では男性が積極的に声を出して統率してくれたんですけど、ダブルアンコールの時は皆で声を出して凄い綺麗に揃ってたんですよ(記憶の中では)。
 そうしたら神谷さんが出て来てくれて、ハレライで「ライブの時に僕が思っていること、皆さんも思っていてくれたら」という思いで作られた『贅沢な時間』を「皆で一緒に歌おう」と。


すぐに会いたくなるのはどうしてだろう?それは好きだから

贅沢な時間/神谷浩史『ハレゴウ』

 私の中で一番印象に残っている歌詞です。せ〜かい〜〜!!!!!好きだから会いたくなるの〜〜〜〜!!!!!!!2015年から2016年上半期は割と(というかかなり)短いスパンで神谷さんに会えたんですけど、例えばキラフェスに両日参加して、1日目が終わったあとの帰宅路で「さっきも会ったし明日も会えるけど今すぐにでも神谷さんに会いたいなぁ」とか凄い乙女思考に走るんですよ。ガチ恋じゃないのに。なんでかなぁ??って思ってたんですけど答え出たじゃん。寧ろ本人が提示してくれたよ!!!!!家に帰って歌詞カードを見て「私じゃ〜〜〜ん;;」って泣きながら友達に電話しました。ライブ後の2ヶ月は引き摺っててイントロが流れるだけで無条件で涙が出て来てました。今でも油断すると泣いてます。
 ダブルアンコールの時はファンは泣いてるし神谷さんも少し泣いてるし(その前の挨拶で泣いているファンの子に「泣くんじゃないよ」と声を掛けてたのに泣いたの…あ〜好き…)、シアライでは歌われなかった『ハレのち始まりの日』を思い出して私も泣きました。


たとえばはじめて人前で溶かす涙なら 歓びの時にしよう ずっと忘れずにいよう

ハレのち始まりの日/神谷浩史『ハレイロ』

 私は神谷さんが泣くところって見たことが無かったので。ハレライの時、「上手には歌えないけど、心をこめて歌います」って歌ってくれたこの曲が頭に浮かんだんです。上記の歌詞を抜粋したけど、『シアター』と並んで、全体的に神谷さんとリンクしてる曲に思います。これ以上は長くなるので割愛します。『シアター』のアウトロ、1日目はPVみたく客席に手を振りながら花道を歩いて行ったんだけど2日目はただ真っ直ぐ前を見て花道を歩いて行きました(私の記憶の限りでは)。


 あとね、大サビ前の間奏のところで演奏が止まって(演出)「皆さんに贅沢な時間を届けられることを嬉しく思います」って言ってくれてね…もう…あ゙〜…ウッ…私も幸せだよ…好きだよ…。
 ていうかホントにシアライの神谷さんハレライと比べて余裕が生まれてて全体を通して何て言うかこう…めっちゃヤバかったですよね(語彙力の限界)
 
1日目のMCで「明日来る人達のためにもネタバレなどは控えて下さい。約束っ」って小指立てて指切りげんまんされたんですけど〜も〜あ゙〜kawaii…例えシアライが映像化されても収録されないの…ひぃ…アンコールを所望します…


 なんかシアライのレポみたいになってしまった。でも、数少ない現場で「この人のファンで良かったなぁ」って一番思えたのがシアライなんですよ。当日までに色々あったけれど、「好き」っていう気持ちしか残らなかった。
 シアライ2日目は席に恵まれて花道の真横で楽しむことが出来たんですけど。曲が終わってメインステージを捌けて、BGMやライトで神谷さんの居ない時間を繋いでいる時に、メインステージとセンターステージを繋ぐ花道の下でバタバタッて音と凄い速さで光が進んでたんです。紛れもなく、神谷さんがスタッフさんの誘導でメインステージからセンターステージに移動している瞬間。


 知らなかったわけじゃない。メインステージを捌けたら魔法みたいに瞬間移動でセンターステージに現れるって思ってたわけじゃない。私達を楽しませてくれるその裏で慌ただしく動いていることはメイキング映像等でも十分分かってた。でも実際にその瞬間を見て、その数秒後に何事もなかったように笑顔で歌い踊る神谷さんを見て、「あぁ、好きだな」って思ったんです。


 最初、神谷さんが歌を出してるって聞いた時は「声優さんなのに歌うんだ」と子供ながらに思っていました。ジャニーズアイドルのファンでもあるので(ファンなったのは神谷さんのファンになるよりもずっと前のこと)、歌を出す=アイドルの仕事だと考えていたんです。だから声優さんの歌のお仕事、特に個人名義で曲を出すことに対して、疑問に感じてた時期もありました。当の本人もそれを感じていたらしく、度々歌活動に関して消極的な発言をしていた神谷さん。


 それが見たかよ…。


 今だって歌は苦手だと言っているけれど、楽しいって言ってくれてる。身体を痛めたり、至る所に痣を作ったり、それでもそんなことを微塵も感じさせない笑顔で私達の前に立ってくれる。




 最早エンジェルマン*7通り越して神様なんじゃないかと思う今日この頃。




 何はともあれ次に神谷さんに会えるのは3月のキラフェス2017かなぁ。多分『Theater』を中心にセットリスト組むんだろうけど、『影もまた真なり』を歌って欲しいです。振付がドチャクソ可愛いから。あざとい。特に2番のBメロ〜サビのところな。クッソ可愛いぞ。
 そして開催日の3/4〜3/5。2016年だと『Danger Heaven?』のリリースイベントの日程にドンピシャなんですよね。『Theater』の発売とハレライ円盤の発売が発表された日なんです。




『Theater』の発売とハレライ円盤の発売が発表された日なんです。(2回目)




 ハレライ円盤発売の映像が流された時の歓声と神谷浩史の「なんでオマケの方が声でかいの?!」*8という嘆きを私は忘れていません。一番覚えてるのは「公式発表の前に誰か1人でもネタバレしたら皆さんブラックリストです」ってにこやかな笑顔で言った優しいヤクザ神谷浩史だけど。
 ていうか神谷さん今のところキラフェス2017で宣伝するようなリリース情報無いし、何かしらありますよね…ね?
 休止中のCONNECT*9と海外留学中の入野自由さんを除いたらキラフェス2017の後に何もないの神谷さんだけだよ?とりあえず新曲を出すところから始めようか。ねっ。入野さんが最高のエンターテイナーになって帰って来たらKAmiYU*10も新曲を出しましょ。出して。FC*11の推しはKAmiYUにしてるんだよ…お願いだよ…その名の通り自由に場を引っ掻き回す入野さんと「みゆだから仕方ない」って甘やかす神谷さん欲しいよ…赤と紫とライトピンクで染まる会場が見たいよ…。大人しく待っているしかないんですけど、期待して待っています。







 あまりお祝い!!!って感じではありませんでしたが、改めて、神谷さんお誕生日おめでとうございます!!!!!大好きだぞ〜〜〜!!!!!!!

















 明日大学受験なので持ち前の晴れ男パワーを下さい。


 
 
 
 

*1:男性声優が所属する音楽レーベルKiramune主催のライブ。正式名称はKiramune Music Festival。ジャニーズで言うとジャニーズカウントダウンコンサートみたいなやつです。

*2:文化放送ラジオ大阪で放送されている「神谷浩史小野大輔のDear Girl〜Stories〜」の10周年記念イベント。ラジオなのにさいたまスーパーアリーナで2日間イベントを行い、その様子を全国+アジアでライブビューイングをした。過去にはラジオの映画を2本公開。知らない人には意味が分からないだろうけどリスナーも分かってないし何ならパーソナリティやスタッフも分かってない。

*3:週刊誌を根絶やしにしたかったアレ。察して下さい。

*4:Kiramuneプレゼンツの2ndライブ「LIVE Theater」 2016.9/3〜9/4 幕張メッセイベントホール

*5:GLORIOUS TIME/神谷浩史『ハレヨン』収録曲。1日目アンコールで合唱(神谷さん提案)。神谷さんが2番目のサビの歌詞を間違えた時にそれをカバーするように合唱の声が大きくなったのが印象的でした。

*6:Kiramuneプレゼンツ1stライブ「ハレ4→5&6(ハレヨン ゴウトゥロック)」 2015.9/5〜9/6 幕張メッセイベントホール

*7:エンジェルマン/神谷浩史『Such a beautiful affair』収録曲より。私の中では曲を聴くたび彼が歌うたび「あぁ、なんだ、ただの天使か」と思い知らされることでお馴染み。

*8:神谷さんにとって『Theater』の発売告知がメインであって、ハレライ円盤の発売告知は映画の入場特典扱いだったみたいです。実際の反応は\わぁ…っ/→\へっ?!?!?ひゃあぁぁ!!!/でした。難儀でゴメンね。

*9:岩田光央さん・鈴村健一さんによるユニット。Kiramuneで一番最初にデビュー。2014.12/28のソロライブをもって活動休止

*10:神谷浩史さん・入野自由さんによるユニット。

*11:Kiramune Star Club。Kiramuneの公式FC